遺品整理でフイルムカメラ売る

遺品整理でフイルムカメラを売る

遺品整理でフイルムカメラを売却するケース。
よくありがちな事例です。

 

故人が大切にしてきたフイルムカメラ。
これをすべて売却したいケースを考えてみましょう!!

 

遺品整理こそ売り先が重要

遺品整理で売る場合は売主がカメラの知識を持ってないケース多いです。
そもそも自分が使ってたカメラではないため、機種名もわからないことが多いでしょう。

 

便利屋・整理業者へ売るのはよく考えて

カメラの専門知識を持ってない業者へ手離すのは損です。
この手の業者さんへフイルムカメラを売却しても、業者へ横流しするだけです。

 

カメラの知識がないため、二束三文で買取されちゃう場合もあるでしょう。
本来ならもっと高く売れる可能性あるかもしれません。

 

遺品整理でもカメラの専門店へ売ろう

 

電話して状況を知らせて相談してみるのがいいでしょう。
カメラ買取市場さんなら出張してくれるし、電話で相談すれば大体の金額を事前に教えてくれます。

 

もし仮に機種名がわからなければ、
写真にとってメールするor電話で相談するor直接自宅まで来てもらって査定してもらいましょう。

 

その際に、「来てもらったその場では決断できない」と伝えればいいでしょう。
そのようにして複数店で査定してもらってください。

 

もちろん一番高い業者へ任せるのがいいでしょう。